MENU

【最新】梨泰院(いてうぉん)ハロウィン雑踏事故の原因が明らかに⁉

スポンサーリンク

 韓国ソウル市内の繁華街の梨泰院で13万人が密集し、発生してしまったハロウィン雑踏事故について、いろいろな真相が明らかになってきましたので、調査しまとめて行きたいと思います。

目次

梨泰院ハロウィンでウサギの耳の形をしたヘアバンドの男性ら「5、6人が故意に押した」? 

https://www.xdomain.ne.jp/

 事故現場にいた目撃者や生存者たちの間では、誰かが故意に押したという証言が多数出ている。路地の上の方から「押せ! 押せ!」「こっちがもっと強く押せ」といった言葉が発せられた後、あっという間に列が下り坂で崩れたという内容だ。  最初に押し始めた人たちに対する具体的な描写も出ている。特に「5、6人の集団が押し始めた」「韓国人男性の集団に外国人も混じっていた」「ウサギのヘアバンドをした男性を捕まえなければならない」などの特徴が繰り返し言及されている。  事故直前、人々が突然押されて下りて来る状況が収められた映像も公開された。1分ほどの映像を見ると、人々でごった返しているが、比較的円滑に通行していた。しかし、突然下り坂の上の方から人々が一度に押され始めた。このように押される現象は、映像の中で2、3度繰り返された。この過程で、路地の中にいた人たちが両側の商店へとかろうじて逃れる姿も収められている。

梨泰院雑踏事故:「5、6人が故意に押した」 相次ぐ証言…警察が監視カメラ映像の分析に着手(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュースより出典

「誰かが誰かに危害を加える目的で押したとすれば、刑法的にいくつか引っ掛かってくる部分がある」
「自発的参加イベントで誰か一人を特定して語るには難しい部分もある」

梨泰院ハロウィンに居酒屋に来ていたという有名人とは

30代参加者

「そこでハロウィンの服装をした誰かが踊ったそうです。それを見物しようとする人や終電に乗って家に帰ろうとする人、終電に乗って梨泰院に到着した人が路地に行き交っていた」
「現場に有名なインフルエンサーが現れたと噂され、人々が集まった」
「そうするうちに、人々の重心が崩れて下敷きになった。皆『助けてくれ』と叫んだが、誰も身動きがとれなかったようだ」

梨泰院の居酒屋に来ていたと情報があった有名人
  • BJケイ、BJセヤ  (afreecaTVという視聴者と会話が楽しめるサービスに出てくる有名人)
  • イ・ジハン     (俳優)今回の事件に巻き込まれお亡くなりになっています。
  • キム・ヨンチョル (韓国コメディアン)
  • YouTuber     (誰かは不明。上記のBJケイ、BJセヤの可能性あり)
  • BTSジミンの弟  (デマであることが判明)
  • そっくりさん    (有名芸能人にそっくりな人がいただけで、その噂が広まってしまった。)

BJケイ、BJセヤ

イ・ジハン

キム・ヨンチョル

BTSジミンの弟

https://www.xdomain.ne.jp/

梨泰院ハロウィンになぜ若者が集結したのか

梨泰院とは

梨泰院は米軍竜山基地や各国大使館が近くにあることから、外国の風情が感じられる場所で、1982年に韓国の人々が身近な存在として感じるようになった。
韓国の人気ドラマ「梨泰院クラス」でも紹介されたように、狭い路地が入り組んだ梨泰院のあちこちに飲食店が立ち並んでいる。

梨泰院(イテウォン)の事故、若者なぜ集結?ハロウィーンは「クラブの日」の認識:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)より出典

「梨泰院のもう一つの隠れた特徴は麻薬でした」
「今現在はわかりませんが、かつて韓国で麻薬を手に入れようとするなら、日本から流れてきた覚醒剤を扱う釜山か、外国人の売人が大麻などを売る梨泰院くらいしかないというのが通り相場でした」

https://www.xdomain.ne.jp/

韓国でハロウィーンへの認知度が高まった

韓国でハロウィーンへの認知度が高まったのはここ4、5年のことで、韓国のMZ世代(1980年代初めから1990年代半ばまでに生まれた「ミレニアル世代」と、1990年代後半から2010年までに生まれた「Z世代」のこと)がハロウィーンブームを牽引した。
今回の事故で亡くなった人の大半が、この世代に該当する。これには1989年の海外旅行の全面自由化も関係している。

梨泰院(イテウォン)の事故、若者なぜ集結?ハロウィーンは「クラブの日」の認識:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)より出典

MZ世代を代表するのが「トック(덕후)」

トックは、日本のオタクがなまった言葉。韓国のトックには暗いイメージはない。「大好きなことを、思い切り楽しもう」というイメージがある。
アニメトックといえば、アニメを徹底的に楽しむ人たちのことだ。ソウルに住む40代の知人は「韓国は最近、不動産価格が急騰している。学歴競争も激しくなる一方だ。厳しい競争を勝ち抜いても、家を買えるわけでもない。結婚にも夢がない。それなら、今のうちに楽しめることを精いっぱい楽しもうという空気がある」と語る。
韓国の人々は元々、集団で行動するのが好きだ。最近でこそ、「ホンパプ(혼밥)=一人ごはん」という言葉が市民権を得つつあるが、それでも大勢で集まって楽しむ文化が根強くある。
ハロウィーンでは仮装して歩くだけではつまらないと思ったのか、一部は「テーマパークに行く日」、一部は「クラブに行く日」として定着して来た。先週末はソウルのロッテワールドも大勢の仮装した人々でにぎわったという。

梨泰院(イテウォン)の事故、若者なぜ集結?ハロウィーンは「クラブの日」の認識:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)より出典
https://www.xdomain.ne.jp/

梨泰院の事故が起きた坂道とは

坂道は幅3・2メートル、長さ40メートルで、事故発生時には約1000人が密集していたとのことです。

https://www.xdomain.ne.jp/
スポンサーリンク

まとめ

今回は、韓国ソウル市内の繁華街の梨泰院で13万人が密集し、発生してしまったハロウィン雑踏事故について、いろいろな真相が明らかになってきましたので、調査しまとめてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
世の中に起きている旬な話題を共有していきたいと思います。

コメント

コメントする

目次