MENU

松本伊代が「ソクオチ」で腰椎骨折!原因は?ゲーム内容と動画

 TBS系バラエティー「オオカミ少年」の収録にてクイズの不正解者がスポンジ状のウレタンクッションが大量に敷き詰められている落とし穴1.5mに落ちる企画に女優でタレントの松本伊代さんが落下し、腰を痛め、腰椎の圧迫骨折と診断され、3か月程度の重症という報道がありました。

 今回は、松本伊代さんが背骨を圧迫骨折をされたゲームの内容で、どのような骨折なのかを調査しまとめてみました。

目次

松本伊代が腰椎の圧迫骨折

松本伊代が骨折した「ソクオチ」とは

 さまざまなVTRで出題される問題を「ウソ」か「ホント」か当てるクイズなどで構成されていて、不正解の場合は立っている場所の底が抜け、ウレタンクッションが敷き詰められている落とし穴に落ちるという設定のようです。

腰椎圧迫骨折を患った松本伊代は

松本伊代

「ご心配をおかけして申し訳ございません。今は治療に専念し、早く元気になれるように頑張ります」

スポンサーリンク

松本伊代の腰椎の圧迫骨折とは

腰椎圧迫骨折は、脊椎圧迫骨折の一種で、腰椎の椎体という部分に外から圧力がかかって起きる骨折のことをいいます。脊椎は、頸椎、胸椎、腰椎、仙椎と複数のパーツからなっています。このうち、腰椎の椎体が外部から圧迫されて潰れてしまうのが腰椎圧迫骨折です。腰椎圧迫骨折は腰椎と胸椎の間の胸腰椎移行部で起こることが多く、体を動かしたときに激しい腰の痛みが現れます。安静にしているときはそれほど痛みを感じないのが特徴です。症状が進行すると、下肢の痛みやしびれ、麻痺などのヘルニアによく似た症状が見られることもあります。

腰椎圧迫骨折の原因・症状・治療法などについて解説 | フランスベッド (francebed.co.jp)より出典

腰椎の圧迫骨折で困ることは

腰椎の圧迫骨折症状
  • 骨が曲がる。変形してしまう
  • 肺活量が減少し、体機能の低下
  • 逆流性食道炎のような内臓の病気
  • 骨密度の低下、筋力に低下により、寝たきり状態に

腰椎圧迫骨折の治療

①保存療法

骨折した部分が自然に固まるのを待つ方法
1か月~数か月程度すると痛みが軽減
炎症を抑えるための湿布の使用や、鎮痛剤や血行改善薬などの内服薬を服用して経過を見ることもある。

②手術療法

保存療法をしばらく行っても症状が緩和されない場合
全身麻酔をして行う1時間程度の手術で、背中に1cm程度の針穴を2か所開け、そこからバルーンを用いて潰れた椎体に空間を作り、そこにセメントを注入して骨折前の状態に近づけます。
重症の場合は、ボルトなどを使って骨を固定する手術もあります。

松本伊代に腰椎圧迫骨折をさせてしまったTBSは

TBS

「けがをされたことに対し、松本伊代さんをはじめ関係者の皆さまにおわび申し上げます。この企画(ソクオチ)は過去に2回行っており、今回も事前にシミュレーションを繰り返し行い、着地する場所にはウレタンを大量に敷き詰め衝撃を吸収するなど安全対策に努めておりましたが、このような結果となり、大変申し訳なく思っております。今後、同様のことが起こらないよう、番組制作に際しての安全管理をさらに徹底してまいります」

松本伊代 去年7月にも背骨を圧迫骨折していた

 松本伊代さんは2021年7月にも、ヨガで背骨を圧迫骨折されていました。

松本伊代

「おうちで先生もいらしたんですけど、ヨガというかストレッチみたいなのをやってまして。それでポーズが無理なポーズ。でグイっていう感じになっちゃって」

 この時は整形外科にはいったものの、コロナ禍で入院もできず、結局家で1ヶ月ぐらい安静に寝ていたとのことです。

松本伊代

「起き上がる時が痛くて、起き上がっちゃえば痛くなくて動けるんですよ。起き上がったり寝たりするときが一番恐怖」
「凄くヒロミさんが介護してくれて。シャワーとかもなかなか一人では髪も洗えなかったので、一緒に髪の毛洗ってくれたりとか。着替えたりする動作もできなかったので、ヒロミさんにパンツを履かせてもらったりとか。本当にお世話になりました」
「“あれもして、あれもして”とか言ってたみたいで“だんだんわがままになってきたなあ”みたいに言われて」
松本伊代 昨夏背骨を圧迫骨折し1カ月安静も夫・ヒロミの献身的介護で復活「パンツを履かせてもらったり」― スポニチ Sponichi Annex 芸能より出典

スポンサーリンク

まとめ

女優でタレントの松本伊代さんがTBS系バラエティー「オオカミ少年」の収録にて、背骨を圧迫骨折していたと大変心配なニュースが報じられました。

松本伊代さんが背骨を圧迫骨折をされたゲームの内容とどのような骨折なのかを調査しまとめてみました。
松本伊代さんには、ゆっくり療養してもらい、元気になることを祈るばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
世の中に起きている旬な話題を共有していきたいと思います。

コメント

コメントする

目次