MENU

キンプリ3人のメンバー脱退の真相と理由は?ジャニーさんの思い動画

スポンサーリンク

 ジャニーズ事務所から、新たに衝撃の発表がありました。2022年11月4日キンプリこと「King&Prince」のメンバー平野紫耀(しょう)さん(25)、岸優太さん(27)、神宮寺勇太さん(25)の3人が、2023年5月22日をもって、岩崎玄樹に引き続き、退所の発表されました。

 同じく、キンプリの高橋海人さん(23)と永瀬廉さん(23)は「King&Prince」に残り活動を続けるそうです。

今回は、平野紫耀、岸優太さん、神宮寺勇太さんが脱退、ジャニーズ事務所退所された理由、真相を調査しまとめて行きたいと思います。

目次

キンプリ脱退の真相と理由

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

「King&Prince」5人はファンクラブ会員向けに経緯を説明

平野紫耀

「デビュー当時からジャニーさんとの夢や約束、そしてファンの皆さんとしていた約束、海外で活躍できるグループを目指してきましたが、自分の年齢と向き合ったときに、全力で取り組んだとしてももう遅いなと感じてしまい、目標を失い、今回の決断に至りました」

神宮寺勇太

「海外進出することが僕自身とジャニーさんと、そしてファンの皆様の大切な夢のひとつでした。その夢を追い続けるために活動してきましたが、活動方針の考えが変わっていきました。自分勝手な考えではありますが、メンバーがこの先一人でも退所するなら、自分も退所させて頂くと決めていました」

岸優太

「海外で活躍できるグループになるためには今のままでは到底無理だと感じるようになってきました。話し合いを重ねて、メンバーとの目標の違いが生まれ、落ち込んだりする、そんな日々が続き、今回この決断になりました」

永瀬廉

「メンバー一人一人の出した気持ちや決断をジャニーズJr.から共に頑張ってきた仲間として尊重したい思いもあります。海人と僕は3人がいないKing&Princeというものを続けるべきかすごい悩みましたが、このグループを残したい気持ちもすごいあって2人でKing&Princeを守っていく決断をさせていただきました」

高橋海人

「この先もずっとこの5人で頑張っていくと思っていたので、正直寂しいですしつらいです。ですが、Jr.の頃に出会い、今までただ上を目指し切磋琢磨し、お互いを鼓舞してここまで頑張ってきたこと、何よりKing&Princeのメンバーと出会えたことを心から誇りに思っています。廉と二人でKing&Princeを守っていくことこそがジャニーさん、支えてくださる皆様への恩返しだと思っています」

キンプリがファンクラブ向けにコメント発表 平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太が脱退・退所 : スポーツ報知 (hochi.news)より出典
スポンサーリンク

キンプリ脱退を信じられないマスコミ

マスコミ

「キンプリは、ジャニーズの中でもダントツの仲のよさを誇っていたんです。  
最近では、10月9日に決勝がおこなわれた『F1日本グランプリ』にキンプリメンバーが来場したのですが、その現場には、2021年3月末に脱退、退所した岩橋(玄樹)君がいたんです。サーキット場から見上げて、スタンドにいる岩橋君を見つけるなり、5人は手を振って岩橋君を含めた“自撮り”をしようとしたり、後には6人で写真撮影をしたりしていたほど。  
もともと、デビューの際にも平野君が『6人一緒にデビューしたい』とジャニー喜多川さんに直談判したのは、有名な話です。なので、キンプリの5人がバラバラになるとはまったく思えなて……」

マスコミ

「たまたま、滝沢さんの退社と近い時期の発表にはなりましたが、それと今回の3人の退社は、関係ない話だと聞いています。  
しかし、いまだになぜこういう決断でまとまったのかはわからない。業界内は激震ですよ。  
退所する3人は、元SMAPの3人が『新しい地図』を作ったように、辞めてからはKing&Princeの曲を歌うこともできなくなります。  
ジャニーズ側も、ここまでの人気タレントを簡単に手放したくはなかったでしょう……」

キンプリ脱退「ダントツ仲のよさ」にいったい何が? 異例の「23時発表」の裏でマスコミに駆け巡った“疑心暗鬼”の5時間(SmartFLASH) – Yahoo!ニュースより出典

ジャニーズ創業者 故・ジャニー喜多川の思い

創業者のジャニー喜多川さん(故人)と親交があった江戸川大の西条昇教授(芸術学)は、

西条教授

ファンサイトの動画コメントなど読むと、岸さんと平野さんから、海外で活躍できるグループになりたいという、ものすごく強い思いが伝わってきました。ジャニーさんも、そのような未来を語っていたのだろうと、平野さんのコメントからもうかがえます。海外進出というジャニーさんの夢を実現したかったのでしょう。  
日々の仕事に精を出しながら、同時に、ジャニーさんの思いを胸に、海外進出に向けて行動する難しさ、理想と現実のギャップに思い悩み、メンバー内で意見の相違が出てくるようになってしまったのではないでしょうか。その悩みが、相違が気がついたら大きなものになっていたのでしょう。

西条教授

ジャニーさんは、初代ジャニーズ(1962~67年)をアメリカに連れて行き、ゴールデンタイムのテレビ番組への出演を実現させようとしたり、レコーディングを行ったりしました。結局は、LPレコードがお蔵入りになり、代わりにその曲を歌ったアメリカの別グループでヒットしたという経緯もありました。これはA.B.C-Zのミュージカル「ジャニーズ伝説」でも出てきます。ジャニーさんにとってアメリカでの挑戦は悲願でもありました。  
当時はアイドル戦国時代、男性アイドルはジャニーズ1強ではなかったのですが、その後、ジャニーさんは日本国内でジャニーズの基盤をしっかりと確立させることに注力していきます。

キンプリ脱退「海外進出避けられぬ時代に」 ジャニーさん旧知の識者(毎日新聞) – Yahoo!ニュースより出典
スポンサーリンク

まとめ

今回は、ジャニーズ事務所から、キンプリこと「King&Prince」のメンバー平野紫耀(しょう)さん(25)、岸優太さん(27)、神宮寺勇太さん(25)の3人が、2023年5月22日をもって、退所の発表がありました。その3人の脱退に対する、真相と理由を調査し、まとめてみました。

滝沢秀明さんのジャニーズ事務所退社、中居正広さんの1か月休養など、ここのところ世間を騒がせているジャニーズ事務所ですが、またいつか、世の中の人たちに、いつまでも夢と希望を与えてくれる存在で輝いていてほしいばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
世の中に起きている旬な話題を共有していきたいと思います。

コメント

コメントする

目次